プリザーブドフラワーを楽しもうPreserved Flower Life!

初めての方でも簡単に作ることができるプリザードフラワーは自分で好みの花を愛いアレンジメントして飾ったりウエディングのブーケなどを思い出と共に保存することができます。

プリザーブドフラワーで手作りブーケ

初めての方でも簡単に作ることができるプリザーブドフラワーは自分で好みでアレンジメントして飾ったりすることができます。

中でも花嫁が持つブーケや新郎のブートニアなどを、新婦が手作りをしたもので挙式をあげたり、母が嫁いでいく娘に対して、作成したりと演出効果も高く人気があります。

プリザーブドフラワーで作ったブーケであれば、挙式後も記念として長く飾っておくこともできるため、いつまでも楽しむことができます。

花の命は果敢ないからこそ、一番いい状態をいつまでもキープしておけるプリザーブドフラワーが人気なのではないでしょうか。

部屋に花を飾るなら、どこにお花を飾りますか?

玄関、リビング、食卓、寝室、トイレなどに飾る人が多いですが、花粉が気になって生活スペースに置けないという人にはプリザーブドフラワーがおすすめです。

プリザーブドフラワーなら花粉がないのでアレルギーの心配もありません。

オススメの引き出物。マナー違反をしないために!

プリザーブドフラワーClub。お部屋に素敵な花のある生活を・・・。

理想の結婚式のためのブライダルエステプラン http://www.americancorners-serbia.net/

プリザーブドフラワーを可愛らしくアレンジメント

今度田舎に帰るのに、仲が良い叔母に会いに行くんです。彼女は小さな頃から私をとっても可愛がってくれ、色々お世話になっている。

だから叔母が喜ぶプレゼントを持って行きたいと思って、最近はずっと悩んでます。叔母は花が好き。だけど生花だと持っていくのも大変だし、あまりもたない。それはちょっと悲しいし、と思って目をつけたのがプリザーブドフラワー。

あれなら勿論枯れることはないわけで。プリザーブドフラワーを可愛らしくアレンジメントして貰って、いつでも眺められるようにすれば叔母も喜んでくれるのではないかと思う。早く喜ぶ顔が見たいな。

花と葉に違う物を使う事もできるプリザーブドフラワー

後から好きな色に着色する必要があるプリザーブドフラワーは、花の部分と葉の部分を分離させて別に加工を行っていきます。

そして花だけではなく茎や葉が必要な場合には後で一体化させます。ですので、プリザーブドフラワーに加工するための花材が売られる際にも、これらは別に販売されています。

つまり、同じ花と葉を組み合わせる事もできますが、別の花と葉を組み合わせるという事も可能です。いろんなパターンが考えられます。

色や形が違うとまた印象は全く違ったものになります。花だけでは印象が弱いという場合などにぜひ、ふさわしい葉も添えてあげたいですね。割合やバランスに考慮して考えたいですね。

プリザーブドフラワーなら好きな色に着色することができる

季節ごとに咲く花は違います。
ひまわりは夏にしか楽しむことができませんが、プリザーブドフラワーなら年中楽しむことができます。

また、ひまわりと言えば黄色とオレンジの色を思い浮かべますが、プリザーブドフラワーなら好きな色に着色することができるので、見たことのないようなひまわりの色にすることも可能です。

プリザーブドフラワーは生け花を長期間保存することができることも特徴の一つです。

小さいサイズのプリザーブドフラワー

自宅で飾っておく場合にはもちろんですが、プリザーブドフラワーを人に贈る時にもサイズに注目したいですね。

通常の花束などあまりにも大きな物であれば、スペースの関係から飾っておく事ができない事もあります。大きいプリザーブドフラワーを贈られても時には困る事もある様です。

しかし、中にはかなり小さいサイズのプリザーブドフラワーもあり、これなら省スペースで飾る場所に困る事はありませんね。また、置き場所を変えたい時などにも対応しやすいでしょう。大きな棚ではなくても、机の片隅にちょっと飾っておくという事もできますね。移動の時にも楽ですね。

取り扱いがしやすいという点を考慮すると小さいサイズのプリザーブドフラワーも魅力的ですね。

プリザーブドフラワーでは、いくつかの花を組み合わせて花束やブーケに

プリザーブドフラワーにおいては自由に好きな色を付ける事ができますので、購入した花と違う色を付ける事もできます。

できるだけ最初に色の組み合わせを考えておくといいでしょう。複数の花を上手に組み合わせるのもいいですね。プリザーブドフラワーは、あまりたくさんの色を使いすぎると失敗する原因になってしまう事もありますので、数色程度が適切かもしれません。

すでに完成しているプリザーブドフラワーを参考にしてみましょう。

プリザーブドフラワーでは、いくつかの花を組み合わせて花束やブーケにする事もあります。その際にじっくりと考えたいのが色の組み合わせです。色は一目で見ると、とても目立つ部分ですので色はじっくりと考える必要があります。